カテゴリー「イベント・ワークショップ」の記事

2010年4月24日 (土)

アースデイ東京2010報告

Earthday20100

雨にも雪にもめげず、
アースデイを支えるボランティアのみなさんのおかげで、
楽しく有意義な2日間を過ごせました。

Earthday20103   Earthday20105

ワークショップの様子や子どもたちの作品、
少しずつ報告していきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

アースデイでeko&peaceなワークショップ開催します!

アースデイ東京2010は4月17日、18日です。

今年、『発信する子どもたち』は、
『fanfunshop』ーうちわで夏を楽しみ、
エコメッセージを伝えよう!ーという企画です。

今年のアースデイは、シルクドソレイユなどのビッグテントが建つエリアも加わり、そこにフードエリアが移動します。
『発信する子どもたち』のブースは、野外ステージに向かって右側のNPOビレッジエリア、ベビーアースデイのエリアのすぐ隣です。お隣は「六ヶ所あしたの森」さんです。
JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)、
生活クラブ
インドのニランジャナスクールも一緒に展示、
発信します!
ニランジャナのウォールアートフェスの様子はコチラ

ワークショップの詳細はチラシを見てね!

Fanfunshop1_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

エネルギー自給をめざすー「創エネ」イベント


以前は分別もせず、プラスチックを燃やしていた横浜市。
中田市長が始めたG30キャンペーン
(ごみの30%減量をめざす)の結果、
分別、リサイクルが始まり、
建て替えの必要があった焼却施設2基を解体したそうだ。

その背景には、一人の主婦の存在があったそうです。
彼女は緑多い横浜のある場所を選んで引越してきた。
それなのに、彼女の家族はぜんそくになってしまった。
「どうして?」
独自に調査した彼女の答えは焼却施設だったのだ。
市長に訴えた彼女は、横浜市を大きく変化させることになった。

現在、開国博開催中の横浜では環境イベントも勢いがある。

この連休、ズーラシアそばのヒルサイドエリアは、
すご〜くおもしろそうですよ。

以下転載
* 〜 . ・  :  * .. 〜  ・   ::   . ・   〜    * . .   ・

「省エネ」+「創エネ」=エネルギー自給?!
9/21〜27のヒルサイドは「創エネ」WEEK!

「Y150ズーラシアおひさま市民発電所」
9/21(月・祝)の15:00から竣工・点灯式 開催!
 ズーラシアの動物絵はがきを独自に制作・頒布を通じて寄付金を集め、ズーラシアの「ころこロッジ」洗面所の屋根に3.24kWの太陽光発電施設の設置を寄付金だけで実現。9/21には「点灯式」を開催します。
 
 9月21日(月・祝) 15:00〜15:30 於:ズーラシア「ころこロッジ」市民手作りLED看板点灯、ズーラシアンブラスによるお祝い演奏など
 ※動物絵はがき「表紙」持参者は、当日限りズーラシア入園が無料!
  ※参考:よこはま動物園ズーラシア http://www.zoorasia.org/

●ヒルサイド「創エネ」セミナー
創エネを考え・楽しみ・実践する3日間(9/21〜23)
  於:ヒルサイド「竹の海原」つながりのステージ
(横浜市旭区ズーラシア隣接地区 → http://hill.yokohama150.jp/hillside/ )
 ◆第1日◆9月21日(月・敬老の日) ・・・・・・・・・・・・・10:00〜12:00
 「対比して考える日本とスウェーデンのエネルギー事情」
 第1部:映画 「ぶんぶん通信 no.1」 上映          
10:00〜11:10
 ※鎌仲ひとみ監督の最新作発表前のメイキング映像作品
 第2部:鎌仲ひとみ監督のスウェーデン取材最新報告   
  11:10〜12:00
 ◆第2日◆9月22日(火・国民の休日)・・12:00〜15:00
 「こうすればできる! エネルギーの地産地消」
 第1部: “創エネの達人” 桜井薫さん体験トーク      
 12:10〜13:10 桜井薫さん
(国際協力NGOソーラネット代表・NPO法人ふうど副代表)
 第2部:茅ヶ崎の「市民立太陽光発電所」ができるまで  
 13:20〜14:20 上野ひろみさん
(ちがさき自然エネルギーネットワーク 代表)
 第3部:1枚のソーラーパネルから−手作り創エネの始め方  
14:30〜14:50  徳留佳之(創エネ市民プロジェクト 代表)
◆第3日◆9月23日(水・秋分の日) ・・・・・10:00〜15:00
 「自然エネルギー最前線 〜 市民による『創エネ』の可能性」
 第1部:「省エネ&創エネ スペシャルトーク」 
 10:00〜11:30
     田中優さん(未来バンク事業組合理事長ほか)
     ×鎌仲ひとみさん(映像作家)
 第2部:世界と日本の「自然エネルギー最前線」 
11:40〜13:00
     竹村英明さん(環境エネルギー政策研究所)
 第3部:横浜市が推進する「創エネ」施策  
13:10〜14:10
     田中信一郎さん(横浜市地球温暖化対策事業本部)
 第4部:ズーラシアおひさま市民発電所 完成報告 
14:20〜14:50
     徳留佳之(創エネ市民プロジェクト 代表)

●創エネに挑戦!市民プロジェクト − 9/22〜27にブース展示
 於:ヒルサイド「竹の海原」つながりの広場
(横浜市旭区ズーラシア隣接地区 →
http://hill.yokohama150.jp/hillside/ )
1.市民が「創エネ」する7つの方法
2.実用的「創エネ」グッズの実演・展示
(1)「日和見扇風機」(暗くなったら止まります)
太陽光パネルと自動車用扇風機を一工夫して組み合わせ
  昼間の暑いときに回し冷房使用を削減!
(2)「ソーラーコンセント」(明るければ多目的可)
パネル+インバータで 晴天時の100V簡易電源!
(3)マルチエネルギーBOX(いつでもどこでも可)
バッテリーなども加え、非常用&アウトドアでも使える!  ほか
3.必ず景品がもらえる?! 「自然エネルギーびっくりクイズ」
4.発電グッズ体験コーナー
5.「ズーラシアおひさま市民発電所設置プロジェクト」
完成報告 ほか
※上記イベントは一切無料ですが、ヒルサイドの入場料600円は必要です。当プロジェクトほか、20を越す市民出展を「対話・参加・体験」できます。
※Y150ヒルサイドへは、相鉄線「鶴ヶ峰駅」か、JR・市営地下鉄「中山駅」からの 会場直行無料シャトルバスをご利用ください(約15分)。
 詳細は → http://event.yokohama150.org/access/pdf/hill_shuttlebus.pdf
※自家用車の利用は不便です。ヒルサイド会場へは乗り入れできませんので、ズーラシアの駐車場(1日1000円)に入れていただき、ズーラシアからヒルサイド行きの無料シャトルバスをご利用いただく形となります。

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

NO NUKES GIG 2009

今年もNNG反核コンサートに参加します!

8月27日(木)18:00開場 19:00開演。
場所はいつもの下北沢の北沢タウンホールです。

出演者をごく簡単に紹介しますね。

ALABAMA CROSSOVER
(ヘブンアーティスト、ワイルドなジャズサウンド)

蒸気青月楽団 meets Open Reel
(古くて新しいオープンリール式テープレコーダーとの遭遇)

NNG2009 Ensemble
(チェルノブイリの被災者でバンドゥーラのナターシャ・グジーさん、
井上鑑さん and more のNNGでしか出会えないユニット。
今年は、箏・川村昌子さん、ギター・古川昌義さんも参加)

詳細はNNGをご覧下さい。

| | コメント (0)

2009年7月21日 (火)

多摩市平和展ー写真が伝えた戦争

広島に生まれ、育った私にとって、
夏はかつて破壊された町で、「あの日」を想像する季節でした。

広島で起きたこと、その場所に生きていること、
「あの日」の写真は、不思議な感覚で存在していた気がします。

そんな私でしたが、戦争への憤りを決定づけたのは、
原爆資料館で見た『アンネ・フランク展』だったと思います。

小学5年生か6年生。
アウシュビッツの想像を絶する様子は衝撃でした。
「アンネの日記」は今も実家の私の部屋の本棚にあります。

多摩市平和展

友人は準備で筋肉痛だとか〜。
「伝えたい」から頑張ってる人々がいます。

お時間があったら、夏休みだから、
ぜひ子ども達と「伝える」ショートトリップへおでかけください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

やる事に意味がある!ー『ぶんぶん通信no.1』上映会報告

何も知らずにうちの娘に誘われ参加した高校生の感想...

「全然知らない所で原発の問題があるとは知らなかった。
というより、あまり自分達のつかっているエネルギーに
興味を持っていなかったから、
今回このような機会があって、興味がもてて良かった。
スウェーデンでの取り組みを知ってみたいと思った。」

見たり、聞いたり、知ってみないとわからないことって、多い。

そういう「きっかけ」づくりをし、
「良い変化」につながる、
「良い連鎖」をおこすことが、
今の私にできることだと思う。

上映会やりたい人、お手伝いしますよ〜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

『ぶんぶん通信no.1』上映会

もしも、あなたの町に原発ができるとしたら、
あなたは受け入れられますか?

原発建設に直面する山口県祝島と
脱原発のスウェーデンの人々。
「持続可能な未来」を実現するのは、
それを願う人々の意志です。

『ヒバクシャ』『六ヶ所村ラプソディー』と、
鎌仲監督が社会に与えた影響は大変なものだと思う。
その鎌仲監督が現在撮影中なのが、
『ミツバチの羽音と地球の回転』。
その撮影現場からのビデオレターが『ぶんぶん通信』だが、
これがとてもいいのです。
ぜひ、見て欲しい。
もうno.2も出来ているようなので、ぜひ先にno.1をね!

<上映会日程>
7月8日(水)10:00-12:00
7月11日(土)13:30-15:00
<参加費>
生活クラブ生協組合員¥400 一般¥500
(400円は上映料としてグループ現代にお支払いします)
<場所>
生活クラブ館 地下スペース
(世田谷区宮坂3-13-13 小田急線経堂駅徒歩2分)
<お問い合せ>
この記事へのコメント欄でお願いします。
事前予約の必要はございません。


六ヶ所村ラプソディーオフィシャルブログ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月26日 (火)

スクリーンから平和を!ー東京平和映画祭

アースデイで、小さな男の子がひとりで配っていたチラシ。

東京平和映画祭

3日間、あまり容易に観れない映画を見せてくれます。

昨日の朝日新聞には、12日に上映される
『雪の下の炎』の監督、楽 真琴さんが「ひと」欄に出ていました。

若い彼女が、33年間を獄中ですごした
チベット僧の人生を追ったドキュメンタリーのようです。

ほかにもパレスチナ、イラク、ベトナム、お金、温暖化と、
興味深い作品が11作品を上映。

3日目はベンジャミン・フルフォード氏スペシャルトーク。
2002年10月25日に凶刄に倒れた故・石井紘基衆議院議員。
彼が残した膨大な資料と彼が着目していたものについて、
興味深い話が聞けそうです。

田中優さんもところどころトークで参加されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月21日 (火)

アースデイ2009-コラボT出来ました!

今年のアースデイではブースシェアを呼びかけ、
JIM-NET、ACE、9条世界会議、永山エコクラブの
4団体が参加してくれました。

JIM-NETからはTシャツづくりのお誘いを受け、
たくさんのすてきな絵を描いているイラクの少女、
Sabreen ちゃんの絵の中から2つの絵を選んで、
『発信する子どもたち』のshionがロゴをデザイン。
とてもかわいいTシャツが完成しました。

Sabreentshirt

写真のものはshionのリクエストで薄紫のものですが、
販売されているものはオーガニックのナチュラルカラーで、
ユース、レディス、メンズ、各¥2500です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月14日 (火)

アースデイで作って発信して支援しよう!

昨年のTシャツづくりが好評でしたので、
今年のメッセージカードも、
きっとすてきな作品が集まると思います。
しかし!今年は作るだけでは終りません。
子どもたちが作ってくれたカードを、
みなさまに購入していただき、
ぜひ支援につなげたいと思いますので、
やさしい大人のみなさま、
購入をよろしくおねがいします!

『発信する子どもたち』の新しいブログにも
お知らせがあります。
http://ameblo.jp/hatukodo/entry-10241089163.html

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧