カテゴリー「環境」の記事

2010年1月 2日 (土)

2010年、奇跡の星地球号のゆくえ

振り返れば、2009年はまさにCHANGEの年でした。

オバマ大統領の誕生。
54年ぶりの政権交代。
グローバリゼーションの崩壊。

なんでもありのインターネットは問題も多いけど、
ボトムアップの市民力発信と連携を支え、
世界をつなぐ存在になっています。

COP15は期待に反して大きな成果はなかったけれど、
世界を形成している国々の個性や立場がよく見えたし、
NGOがもはやサポーターではなくプレイヤーで、
その役割は利害や国境を超えて、
人々をつなぐことにあるように思えました。

環境問題はとっても深刻です。
その影響は国境なんて関係ないし、
地球号の存続そのものに関わることだということは
誰の目にも明らかなわけですが、
私は悲観的ではありません。
なぜなら、地球号は元々持続可能にデザインされているから。
持続可能な機能はすでに備わっているからです。
本当にCO2が問題なら、
排出源を断つ勇気を共有すればいいんだと思うのです。
今、若い世代にはそういった感性が育ってきていると思います。
若いクリエイター達のなかに、
お金やモノに縛られない生き方を発信できる人達がいて、
影響力を発揮する時代が来ていると思います。

2010年10月には名古屋で、
生物多様性条約締約国会議が開催されます。
遺伝子組換えに関する「カルタヘナ議定書」の中身についての
重要な会議もあります。
地球号の持続可能性を保障しているものが生物多様性です。
つまり生物多様性が保障されなければ、
地球号の持続可能性も保障されないわけです。
生物多様性が保障されるか否かが
世界が共有すべき基準になるべきだと思います。
日本政府がCOP10、MOP5でリーダーシップを発揮するように、
私達も大注目しなくてはと思います。
そして、生物多様性の宝庫地球の存続を目指すなら、
脱化石燃料、脱原発だと思うんです。

だって、私達とりあえず地球しか住むとこないんですから。


| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

9,9,24ー核なき世界へ


鳩山さん、ガンバレ〜って思った人多いと思います。

25%なんて出来るの〜?って声もあります。

そんなんでいいのかと思います。

日本が目指すべき方向性を示したこと、
高いハードルだけど、地球はまったなしの状況なんです。

人間がこんな危機的状況をわずかな間に作り出してしまったんだから、
みんなでやるしかないんです。

もう政治家や行政におまかせの時代は終わり。
世の中を良くするには、市民発が求められているんだと思います。

鳩山さんは「核廃絶の先頭に立つ」と言いました。
国連で公言したということは、
これは日本国民の意志であると言う事だと思います。
そして、私の耳にとまったのは、「核の生産能力の凍結」。
私的解釈だと、=原発の廃止です。
原発が核兵器の材料を作り出してしまうことを思えば、
「核の生産能力を凍結」し、安心して暮らす世の中にするためには、
原発をやめることが最も効果的だからです。

鳩山さんは「原子力の平和利用にあたっては...
最高レベルの水準を順守する必要があります。」と言いました。
そのとおりです。ただし私的にはこれは100%の安全性です。
これを遂行出来る原発は世界にひとつもありません。

要するに、原発はどこから見ても、
私たちに安全な暮らしを保証できない産物なのです。

原発内で働く人々はほぼ被曝しているのが現状です。
それはウランの採掘場からすでに始まっています。

せいぜい50年程の間、電力を供給する意外に、
なにも良い事はないのです。(電力会社は儲かるらしいけど)

自然エネルギーを使って、
私達の8分の1の電気料金で暮らすスウェーデンの人達。
日本では販売されない日本製のバッテリー。
脱原発はそれほど高いハードルではないのです。

民主党にメッセージを送りましょう!
誰にでも『CHANGE』を可能にする力があります。

余談ですが、9,24はmy birthdayでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

エネルギー自給をめざすー「創エネ」イベント


以前は分別もせず、プラスチックを燃やしていた横浜市。
中田市長が始めたG30キャンペーン
(ごみの30%減量をめざす)の結果、
分別、リサイクルが始まり、
建て替えの必要があった焼却施設2基を解体したそうだ。

その背景には、一人の主婦の存在があったそうです。
彼女は緑多い横浜のある場所を選んで引越してきた。
それなのに、彼女の家族はぜんそくになってしまった。
「どうして?」
独自に調査した彼女の答えは焼却施設だったのだ。
市長に訴えた彼女は、横浜市を大きく変化させることになった。

現在、開国博開催中の横浜では環境イベントも勢いがある。

この連休、ズーラシアそばのヒルサイドエリアは、
すご〜くおもしろそうですよ。

以下転載
* 〜 . ・  :  * .. 〜  ・   ::   . ・   〜    * . .   ・

「省エネ」+「創エネ」=エネルギー自給?!
9/21〜27のヒルサイドは「創エネ」WEEK!

「Y150ズーラシアおひさま市民発電所」
9/21(月・祝)の15:00から竣工・点灯式 開催!
 ズーラシアの動物絵はがきを独自に制作・頒布を通じて寄付金を集め、ズーラシアの「ころこロッジ」洗面所の屋根に3.24kWの太陽光発電施設の設置を寄付金だけで実現。9/21には「点灯式」を開催します。
 
 9月21日(月・祝) 15:00〜15:30 於:ズーラシア「ころこロッジ」市民手作りLED看板点灯、ズーラシアンブラスによるお祝い演奏など
 ※動物絵はがき「表紙」持参者は、当日限りズーラシア入園が無料!
  ※参考:よこはま動物園ズーラシア http://www.zoorasia.org/

●ヒルサイド「創エネ」セミナー
創エネを考え・楽しみ・実践する3日間(9/21〜23)
  於:ヒルサイド「竹の海原」つながりのステージ
(横浜市旭区ズーラシア隣接地区 → http://hill.yokohama150.jp/hillside/ )
 ◆第1日◆9月21日(月・敬老の日) ・・・・・・・・・・・・・10:00〜12:00
 「対比して考える日本とスウェーデンのエネルギー事情」
 第1部:映画 「ぶんぶん通信 no.1」 上映          
10:00〜11:10
 ※鎌仲ひとみ監督の最新作発表前のメイキング映像作品
 第2部:鎌仲ひとみ監督のスウェーデン取材最新報告   
  11:10〜12:00
 ◆第2日◆9月22日(火・国民の休日)・・12:00〜15:00
 「こうすればできる! エネルギーの地産地消」
 第1部: “創エネの達人” 桜井薫さん体験トーク      
 12:10〜13:10 桜井薫さん
(国際協力NGOソーラネット代表・NPO法人ふうど副代表)
 第2部:茅ヶ崎の「市民立太陽光発電所」ができるまで  
 13:20〜14:20 上野ひろみさん
(ちがさき自然エネルギーネットワーク 代表)
 第3部:1枚のソーラーパネルから−手作り創エネの始め方  
14:30〜14:50  徳留佳之(創エネ市民プロジェクト 代表)
◆第3日◆9月23日(水・秋分の日) ・・・・・10:00〜15:00
 「自然エネルギー最前線 〜 市民による『創エネ』の可能性」
 第1部:「省エネ&創エネ スペシャルトーク」 
 10:00〜11:30
     田中優さん(未来バンク事業組合理事長ほか)
     ×鎌仲ひとみさん(映像作家)
 第2部:世界と日本の「自然エネルギー最前線」 
11:40〜13:00
     竹村英明さん(環境エネルギー政策研究所)
 第3部:横浜市が推進する「創エネ」施策  
13:10〜14:10
     田中信一郎さん(横浜市地球温暖化対策事業本部)
 第4部:ズーラシアおひさま市民発電所 完成報告 
14:20〜14:50
     徳留佳之(創エネ市民プロジェクト 代表)

●創エネに挑戦!市民プロジェクト − 9/22〜27にブース展示
 於:ヒルサイド「竹の海原」つながりの広場
(横浜市旭区ズーラシア隣接地区 →
http://hill.yokohama150.jp/hillside/ )
1.市民が「創エネ」する7つの方法
2.実用的「創エネ」グッズの実演・展示
(1)「日和見扇風機」(暗くなったら止まります)
太陽光パネルと自動車用扇風機を一工夫して組み合わせ
  昼間の暑いときに回し冷房使用を削減!
(2)「ソーラーコンセント」(明るければ多目的可)
パネル+インバータで 晴天時の100V簡易電源!
(3)マルチエネルギーBOX(いつでもどこでも可)
バッテリーなども加え、非常用&アウトドアでも使える!  ほか
3.必ず景品がもらえる?! 「自然エネルギーびっくりクイズ」
4.発電グッズ体験コーナー
5.「ズーラシアおひさま市民発電所設置プロジェクト」
完成報告 ほか
※上記イベントは一切無料ですが、ヒルサイドの入場料600円は必要です。当プロジェクトほか、20を越す市民出展を「対話・参加・体験」できます。
※Y150ヒルサイドへは、相鉄線「鶴ヶ峰駅」か、JR・市営地下鉄「中山駅」からの 会場直行無料シャトルバスをご利用ください(約15分)。
 詳細は → http://event.yokohama150.org/access/pdf/hill_shuttlebus.pdf
※自家用車の利用は不便です。ヒルサイド会場へは乗り入れできませんので、ズーラシアの駐車場(1日1000円)に入れていただき、ズーラシアからヒルサイド行きの無料シャトルバスをご利用いただく形となります。

| | コメント (0)

2009年9月 9日 (水)

生物多様性条約加盟国として許される?


民主党になったら、行政も少し変わるのかな?

マニフェストに「生物多様性の保全」があった。

ならば、上関原発は中止?

中国電力は急に動き出した。

六ヶ所に関しては全国的なアクションが始まろうとしている。

そのへんのこと、『つながる』ことからはじめよう!に書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

日蝕は見るべきか?

「日蝕ツアー」? なんだか、おかしいぞ〜。

もし、そんな風に?が頭をかすめる方は、
ぜひこちらをご覧下さい。Native Heart

自然のパワーをもっと身近に感じていた昔の人々は、
妊婦には決して日蝕を見せなかったという。

動物たちはどこかに籠ってしまうらしい。

サングラスなんかじゃ目を守れないらしいから、
見る方は気をつけて〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

『ぶんぶん通信no.1』上映会

もしも、あなたの町に原発ができるとしたら、
あなたは受け入れられますか?

原発建設に直面する山口県祝島と
脱原発のスウェーデンの人々。
「持続可能な未来」を実現するのは、
それを願う人々の意志です。

『ヒバクシャ』『六ヶ所村ラプソディー』と、
鎌仲監督が社会に与えた影響は大変なものだと思う。
その鎌仲監督が現在撮影中なのが、
『ミツバチの羽音と地球の回転』。
その撮影現場からのビデオレターが『ぶんぶん通信』だが、
これがとてもいいのです。
ぜひ、見て欲しい。
もうno.2も出来ているようなので、ぜひ先にno.1をね!

<上映会日程>
7月8日(水)10:00-12:00
7月11日(土)13:30-15:00
<参加費>
生活クラブ生協組合員¥400 一般¥500
(400円は上映料としてグループ現代にお支払いします)
<場所>
生活クラブ館 地下スペース
(世田谷区宮坂3-13-13 小田急線経堂駅徒歩2分)
<お問い合せ>
この記事へのコメント欄でお願いします。
事前予約の必要はございません。


六ヶ所村ラプソディーオフィシャルブログ


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月27日 (土)

地球以外に住むとこないし

Daiwahouse

先週だったか、やられた〜!って思った、
ダイワハウスの全面広告。

ユーモアがあって切実なメッセージだと思う。

合成洗剤もダイオキシンも放射能も、
とにかく地球環境に良く無さそうな事はやめるに限る。


| | コメント (0)

2009年6月 7日 (日)

ぶんぶん通信no.1を共有しましょう!

Bunbunno1

先週ですが、やっと見ました。
鎌仲ひとみ監督の次回作
『ミツバチの羽音と地球の回転』(仮題)の経過報告DVD。

これがとっても分かりやすいです。
祝島のくらし、30年近く上関原発に反対してきた人々。
彼らが漁場を奪われるとか、
島で暮らせなくなるとかだけの問題ではなく、
あそこに原発を許容するってことは、
たかだか50年くらいしか使用できない原発のために、
ほぼ永久的に核の高リスクなごみを
未来へと押し付ける事を私達が容認するってことなんじゃない?

これだけ、ハイリスクなエネルギーって他にはないだろう。
私達が目指す方向は、映画のなかに出てくる
スウェーデンの様子から明らかじゃないだろうか。

こんなにも日本は遅れてる!
私達の暮らしかたは選択できない仕組みになってることを、
危険なMOX燃料が堂々と公道を走っていることのおかしさを、
もっと取り上げる様にメディアに伝えることが必要。

市民が声を上げなければ、メディアも取り上げられない。
メディアも現場の人達は気付いてるし、
実際に取材もしているらしいけど、
いざ放送となると、できなくなってる場合もあるらしい。
たくさんの視聴者が望んでると示せば、彼らを支援できる。

だから、『ぶんぶん通no.1』を見ましょう!
伝えましょう!発信しましょう!

上関原発建設計画中止を求める全国署名

「ミツバチ」製作プロジェクト
「ぶんぶん通信no.1」購入申込み


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月25日 (月)

新型インフルエンザから見えてくるものー田中優氏メルマガより〜

田中 優さんのメルマガを読むと、
心拍数が上がる気がします。

そこには、知るとつらくなる情報が多い。
すなわち、知るべき情報なのです。

なのに、優さんメルマガの読者が、1000人とちょっとだなんて...

子ども達にどんな未来を託すのかを問うとき、
今、私達大人が何を問題視し、何を選択すべきか、
その方向性を提案し続けている優さんメルマガを、
ぜひ購読してくださいね。

田中優の”持続する志”

| | コメント (0)

2009年2月15日 (日)

救われたコアラ、救われないペット達

オーストラリアの山火事で生き延びたコアラ。
消防団員の差しのべた手を握り、
水を飲む姿は心温まるニュースとして、
あちこちで取り上げられていた。
「よくがんばったね」そんな気持ちになるニュース。
朝日には<「希望の象徴」として被災者らを元気づけている。>
そう書いてあった。
北海道の川ではラッコがたくさんの人をなごましているらしいし、
崖っぷち犬もタマちゃんも、「ほっとけない」動物として
何度もメディアに取り上げられていた。
そんなとき、いつも思うのは動物愛護センターだ。
そんなに動物をかわいそうとかかわいいとか思うのなら、
毎年おびただしい数のガス室送りになっている動物や、
必要かどうかもわからない実験で苦しんでいる動物達にも、
心砕いて欲しいものだと思う。
コアラが「希望の象徴」なら、
ガス室送りのペットは「絶望の象徴」?
コアラがラッキーなら、
ガス室送りのペットは運が悪すぎるではないか。
彼らは飼う人がいないというだけの理由で、
何日か不安な日々を過ごした後、
ガス室で苦しんで、苦しんで死んでいく。
私達の税金を使って、殺されている。
紛争や戦争で死んで行く子ども達と同様、
あまりにも理不尽な死だ。
引き取り手などめったにいないことも、
おそらく殺処分になることも、
全て承知のうえで愛護センターに置いていける人々が、
普通に私達の近くにいるということをどう考えたらいいのかと思う。
なかには自分自身が病や高齢で飼えなくなった人もいるのだろうが、ガス室はあんまりだと思う。
せめて、その子を胸に抱き、注射で安楽死させてあげてほしい。
そして、これらのことは私達一人一人にも加害性があることを
自覚しなくてはならないと思う。
彼らの「理不尽な死」には私達にも責任があるということを。

| | コメント (2) | トラックバック (0)