« きりこについてー生き方は選べるってこと | トップページ | 地球デザイン元年というビジョンー竹村真一さん寄稿文 »

2010年3月25日 (木)

Sangri-La〜美しき歌舞

人類の美しさのルーツは
民族文化のなかにあるんだと確信する舞台。

それが、ヤン・リーピンの『シャングリラ』。

Shangrila2

無限大の空、そびえる山々、清らかな水の流れ、
厳しい日々の暮らしで創造されてきた肉体と魂が、
勢いを増して解放される瞬間の連続。
時に雄々しく、時に愛らしく、
時としてとてもエロティック。

Shangrila3

ストイックな生き方でなければ、
あの体型は維持できないだろうと思う
ヤン・リーピンの『月光』。
彼女しか舞えないだろう繊細さに、また泣いた。

彼女がここまでして伝えたいことは、
共存する世界なのではないだろうか。

この素晴らしい極上の舞台を、
見ること無く人生を終えるとしたら、
それはずいぶんもったいないことのように思えるくらい
感動します。

Shangrila1


|

« きりこについてー生き方は選べるってこと | トップページ | 地球デザイン元年というビジョンー竹村真一さん寄稿文 »

art・book・music・movie・performance」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/33935826

この記事へのトラックバック一覧です: Sangri-La〜美しき歌舞:

« きりこについてー生き方は選べるってこと | トップページ | 地球デザイン元年というビジョンー竹村真一さん寄稿文 »