« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月22日 (日)

幸せの記憶を頼りに生きること

中学生の少年が永遠に明日を奪われてしまいました。
沖縄でのこと。
友人達数人に暴行を受けて。

彼が最期に見たものはなんだったんだろう。
少年の一人はすみませんでしたと言ったそうだ。
彼はなんて言うだろう。

いたかったんだよ。
くるしかったんだよ。
こわかったんだよ。
かなしかったんだよ。
くやしかったんだよ。

どうしてこんな残酷なことがおきてしまうのか。
みんな愛されているはずなのに。
生まれてからこれまでに、
たくさんの幸せの記憶があっただろうに。
幸せの記憶は人を救えないのだろうか。

そのときは彼によろしく スタンダード・エディション [DVD]

幸せの記憶は、かならず勇気をくれると思う。
幸せの記憶は、あたたかい毛布のように
冷えた心を包み込んでくれるはずだと思う。

『そのときは彼によろしく』は、そんな映画でした。

小学生の時、3人が出会ったころの景色がとてもいいです。

生きてる時間はいつの日か終わりが来るけど、
幸せの記憶が生きた時間を輝かせるんだろう。

不幸なできごとがなくなりますように。。。

| | コメント (0)

2009年11月17日 (火)

変わらない想いは『Home Townは地球!』


The_earth_is_our_hometown

2003年に『発信する子どもたち』を始めたときから、
私達の伝えたいことは『Home Townは地球!』でした。
そして、平和と地球と子どもたちのために、
小さな力を結集したいとの想いが、
『Little Power Project』でした。
そしてそのための提案が
『9 Piece of Peace』9つのピースプロジェクトでした。

これら全てをつないでいるのは、
地球というOnly Oneの奇跡の星を、
ここに存在するすべてのいのちが共有しているという事実。

生物多様性条約は、その事実を再認識し、
その価値を人類から守るためのものなのかもしれません。

うれしいことに、来年の名古屋でのCOP10、MOP5に向け、
頼もしい動きが始まっています。

WOLRD PEACE 7-世界平和アピール7人委員会の
「生物多様性条約第10回締約国会議に向けてのアピール
ぜひご覧下さい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

親子読書のすすめー『とりつくしま』

突然の死から「もの」に甦るなら、何にしますか?

とりつくしま

愛する人のマグカップ?
公園のジャングルジム?
憧れの人に贈った扇子?
名札?リップクリーム?補聴器?

あの世から心残りなこの世に帰れるので、
「もの」を選んで下さいと、
あの世の「とりつくしま係」に言われた10人のお話。

うちの娘は泣きながら、
私ママのおふとんになる〜と。。。

「もの」の視線で愛する人達を見る不思議さや、
生きてるときには見えない事や、
読書会でも盛り上がった作品です。

この本で盛り上がって帰宅し、
偶然見た映画がちょっとダブる内容の『幸福な食卓』。

幸福な食卓 プレミアム・エディション [DVD]

これは、すでに観た人も多いかな?

原作もすごくいいらしいです。
私達は号泣でした。
北野きいさんもとてもいいです。
他の俳優さんたちもとてもいいし、
勉学くんがいいキャラクターなんですよ〜。

泣いて、泣いて、自分を浄化したい人に
おすすめの本とDVDでした〜。


| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »