« 賞賛に値する『沈黙を破る』 | トップページ | ミツバチカンパを鎌仲監督に届けたら〜 »

2009年9月21日 (月)

エネルギー自給をめざすー「創エネ」イベント


以前は分別もせず、プラスチックを燃やしていた横浜市。
中田市長が始めたG30キャンペーン
(ごみの30%減量をめざす)の結果、
分別、リサイクルが始まり、
建て替えの必要があった焼却施設2基を解体したそうだ。

その背景には、一人の主婦の存在があったそうです。
彼女は緑多い横浜のある場所を選んで引越してきた。
それなのに、彼女の家族はぜんそくになってしまった。
「どうして?」
独自に調査した彼女の答えは焼却施設だったのだ。
市長に訴えた彼女は、横浜市を大きく変化させることになった。

現在、開国博開催中の横浜では環境イベントも勢いがある。

この連休、ズーラシアそばのヒルサイドエリアは、
すご〜くおもしろそうですよ。

以下転載
* 〜 . ・  :  * .. 〜  ・   ::   . ・   〜    * . .   ・

「省エネ」+「創エネ」=エネルギー自給?!
9/21〜27のヒルサイドは「創エネ」WEEK!

「Y150ズーラシアおひさま市民発電所」
9/21(月・祝)の15:00から竣工・点灯式 開催!
 ズーラシアの動物絵はがきを独自に制作・頒布を通じて寄付金を集め、ズーラシアの「ころこロッジ」洗面所の屋根に3.24kWの太陽光発電施設の設置を寄付金だけで実現。9/21には「点灯式」を開催します。
 
 9月21日(月・祝) 15:00〜15:30 於:ズーラシア「ころこロッジ」市民手作りLED看板点灯、ズーラシアンブラスによるお祝い演奏など
 ※動物絵はがき「表紙」持参者は、当日限りズーラシア入園が無料!
  ※参考:よこはま動物園ズーラシア http://www.zoorasia.org/

●ヒルサイド「創エネ」セミナー
創エネを考え・楽しみ・実践する3日間(9/21〜23)
  於:ヒルサイド「竹の海原」つながりのステージ
(横浜市旭区ズーラシア隣接地区 → http://hill.yokohama150.jp/hillside/ )
 ◆第1日◆9月21日(月・敬老の日) ・・・・・・・・・・・・・10:00〜12:00
 「対比して考える日本とスウェーデンのエネルギー事情」
 第1部:映画 「ぶんぶん通信 no.1」 上映          
10:00〜11:10
 ※鎌仲ひとみ監督の最新作発表前のメイキング映像作品
 第2部:鎌仲ひとみ監督のスウェーデン取材最新報告   
  11:10〜12:00
 ◆第2日◆9月22日(火・国民の休日)・・12:00〜15:00
 「こうすればできる! エネルギーの地産地消」
 第1部: “創エネの達人” 桜井薫さん体験トーク      
 12:10〜13:10 桜井薫さん
(国際協力NGOソーラネット代表・NPO法人ふうど副代表)
 第2部:茅ヶ崎の「市民立太陽光発電所」ができるまで  
 13:20〜14:20 上野ひろみさん
(ちがさき自然エネルギーネットワーク 代表)
 第3部:1枚のソーラーパネルから−手作り創エネの始め方  
14:30〜14:50  徳留佳之(創エネ市民プロジェクト 代表)
◆第3日◆9月23日(水・秋分の日) ・・・・・10:00〜15:00
 「自然エネルギー最前線 〜 市民による『創エネ』の可能性」
 第1部:「省エネ&創エネ スペシャルトーク」 
 10:00〜11:30
     田中優さん(未来バンク事業組合理事長ほか)
     ×鎌仲ひとみさん(映像作家)
 第2部:世界と日本の「自然エネルギー最前線」 
11:40〜13:00
     竹村英明さん(環境エネルギー政策研究所)
 第3部:横浜市が推進する「創エネ」施策  
13:10〜14:10
     田中信一郎さん(横浜市地球温暖化対策事業本部)
 第4部:ズーラシアおひさま市民発電所 完成報告 
14:20〜14:50
     徳留佳之(創エネ市民プロジェクト 代表)

●創エネに挑戦!市民プロジェクト − 9/22〜27にブース展示
 於:ヒルサイド「竹の海原」つながりの広場
(横浜市旭区ズーラシア隣接地区 →
http://hill.yokohama150.jp/hillside/ )
1.市民が「創エネ」する7つの方法
2.実用的「創エネ」グッズの実演・展示
(1)「日和見扇風機」(暗くなったら止まります)
太陽光パネルと自動車用扇風機を一工夫して組み合わせ
  昼間の暑いときに回し冷房使用を削減!
(2)「ソーラーコンセント」(明るければ多目的可)
パネル+インバータで 晴天時の100V簡易電源!
(3)マルチエネルギーBOX(いつでもどこでも可)
バッテリーなども加え、非常用&アウトドアでも使える!  ほか
3.必ず景品がもらえる?! 「自然エネルギーびっくりクイズ」
4.発電グッズ体験コーナー
5.「ズーラシアおひさま市民発電所設置プロジェクト」
完成報告 ほか
※上記イベントは一切無料ですが、ヒルサイドの入場料600円は必要です。当プロジェクトほか、20を越す市民出展を「対話・参加・体験」できます。
※Y150ヒルサイドへは、相鉄線「鶴ヶ峰駅」か、JR・市営地下鉄「中山駅」からの 会場直行無料シャトルバスをご利用ください(約15分)。
 詳細は → http://event.yokohama150.org/access/pdf/hill_shuttlebus.pdf
※自家用車の利用は不便です。ヒルサイド会場へは乗り入れできませんので、ズーラシアの駐車場(1日1000円)に入れていただき、ズーラシアからヒルサイド行きの無料シャトルバスをご利用いただく形となります。

|

« 賞賛に値する『沈黙を破る』 | トップページ | ミツバチカンパを鎌仲監督に届けたら〜 »

イベント・ワークショップ」カテゴリの記事

エネルギー」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 賞賛に値する『沈黙を破る』 | トップページ | ミツバチカンパを鎌仲監督に届けたら〜 »