« 「なぜだろう」への返信仮想ガザより | トップページ | CHANGEからSHAREへ »

2009年1月20日 (火)

一人の平和を求める者としてーテルアビブ

http://groups.yahoo.co.jp/group/TUP-Bulletin/message/842

1月3日に大規模な平和集会が開かれたそうです。
イスラエルという国で自由に発信するということは、
大変勇気のいることなのではないかと想像します。
1万人といえば日本で考えると18万人に値するそうで、
集会に集まれなかった同じ思いの人々の存在も思えば、
イスラエルでもたくさんの人が今回の軍事行動に、
疑問を持っているのだと思います。
軍事力を行使できる人達がそれを行使する時、
それはすでに市民を切り捨てているということだと思います。
日本だって、毎日の様に日本各地が直接攻撃されていたのに、
無条件降伏したくないばっかりに、終戦を引き延ばしていた訳で、
早く決断していれば広島も長崎もあんなことにならなかったのではないだろうかと、思うのです。
被爆2世、3世の時代になり、そして放射能の継承は、
あきれかえるほど長い間続いていくわけです。
私達一人一人が真実と利益を見極めることが大切。
メディアに流されず、ヒステリックに過剰反応しないことも。
そういうふうに子ども達を育てたいと思います。

|

« 「なぜだろう」への返信仮想ガザより | トップページ | CHANGEからSHAREへ »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/27312939

この記事へのトラックバック一覧です: 一人の平和を求める者としてーテルアビブ:

« 「なぜだろう」への返信仮想ガザより | トップページ | CHANGEからSHAREへ »