« 喜べない新年2009の行方 | トップページ | 「なぜだろう」への返信仮想ガザより »

2009年1月12日 (月)

いのちの重さ

父の三回忌でした。

あっという間の2年でした。

親戚がいるっていいなって思いました。

40人集まれば、老いも若きもいろいろあります。

父が末っ子なので、父方のいとこ達の中には、
孫のいる者も少なくありません。

そして私と年の近い母方のいとこにも
かわいいベビーがまた一人生まれました。

人生を終える者、始める者。

父は戦争にも行き、捕虜にもなったけど、
人生を楽しみ、謳歌し、全うしたと思う。

かわいらしいまだ1才にもならない小さないのちを前にして、
私はやはり、パレスチナにも、
同じくらいの子ども達がいることを想像していました。
そして、どうかこの目の前のかわいいこの子が、
平和な時代を生きていけます様にと。
人生を謳歌し、全うできますようにと。
そして、そして、
イスラエルの人々がいのちの重さに気づいてくれますようにと。
そして、私にできることは、なんだろうと。。。


|

« 喜べない新年2009の行方 | トップページ | 「なぜだろう」への返信仮想ガザより »

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/27074358

この記事へのトラックバック一覧です: いのちの重さ:

« 喜べない新年2009の行方 | トップページ | 「なぜだろう」への返信仮想ガザより »