« 『いのち』をいただくということ | トップページ | 戦争のない未来ーゲームで体感する私達にできること »

2008年10月11日 (土)

ノーベル賞

もしかして文学賞も日本人?!と、思ってたら、
私の大好きな!クレジオでした。
特に、『砂漠』はその景色が、
心のどこかにいつもひそんでいる気がしています。
20代で読んだけど、今も本棚から、
かすかなオーラを私におくってくれる本です。

そして平和賞のアハティサーリ氏。
朝日の見出し「しなやかな丸腰の...」というのがいい。
9条をもつ日本こそそういう外交をしてほしい。

我が家でおおいにうけたのは、
益川教授の文科省訪問。
「受験体制は教育汚染だ」!!!
娘とテレビの前で拍手!!!

|

« 『いのち』をいただくということ | トップページ | 戦争のない未来ーゲームで体感する私達にできること »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/24427701

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞:

« 『いのち』をいただくということ | トップページ | 戦争のない未来ーゲームで体感する私達にできること »