« 平和の誓い | トップページ | 社会派な中学生 »

2008年8月 7日 (木)

平和への祈りを行動に! -大倉紀代さんの思い

Ookura

2年程前、「発信する子どもたち」でラナちゃんバッグを作った年でした。
イラクの報告会でとても美しい女性に出会いました。
長身で、すてきなロングスカート、頭にはスカーフを巻かれていて、
控えめながらも美しい存在感がただよっていました。

4才で被曝し、14才の時に、「原爆の子の像」のモデルとなったと言われる佐々木禎子さんと同じ病室で共に3ヶ月を過ごした方。
大倉紀代さんでした。
ただ一緒にいただけだからと、それまで禎子さんについてほとんど語られなかった大倉さんですが、編集者の熱意もあり、思春期の子ども達へのいのちのメッセージとして、サダコさんのいのちの輝きを伝えようと思われて書かれた様です。

執筆中も私がお会いしたときも、ガンの治療中であまりお具合が良いわけではなかったようでした。
その頃私は、父の従姉で原爆歌人だった正田篠枝さんのことを調べていたので、もしかして大倉さんが知り合いだったりしないかと思い、お話させていただいたのでした。
篠枝さんとは面識はなかったものの、私が中学生の時に参加していた被爆者を支援する会「折り鶴の会」のことは良くご存知で、それだけでも私にとってはうれしい出来事でした。

その大倉さんも、とうとう旅立たれてしまいました、天国へと。
それは沖縄慰霊の日、6月23日でした。

Sadakokiyo
禎子さんと紀代さん

『想い出のサダコ ー思春期の入り口にいた三ヶ月ー』
文・大倉紀代  絵・夜川けんたろう  よも出版  ¥1200
*本の購入は千早書房へFAX(03-3234-3344)にて。


|

« 平和の誓い | トップページ | 社会派な中学生 »

原子力・放射能」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

コメント

初めて このページにきました。
まさか 大倉紀代さんで みつかるとは思わなかったです。

昨日 貞子さんの本を読も終え 最後のあとがきに
大倉さんの表記をみつけました。

のちに 図書館の司書をされていてことが分かり
それも 子供が通った高校の司書だったことを知り。

とても お会いしたくなって。

でも ガンでなくなられたですね・・・・

28年前にお勤めしていた。高校・・・・

いまも 建物はほとんど変わっていないと思います。

大倉さんの本読ませていただきたいです。

冥福をお祈りします。

投稿: ぷりん | 2010年4月 1日 (木) 01時54分

ぷりんさま

コメントをありがとうございました。

大倉さんははっとするほど、たたずまいの美しい方でした。

先日、大倉さんがJIM-NET の佐藤氏に託された
禎子さんが折られた折鶴を見せていただきました。

広告を切ってつくった、それは小さな折鶴でした。

たくさん折るため、紙を大事にされていたのかもしれません。

大倉さんの本は出版社が特殊なため、
大型の本屋では取り扱いがないかもしれません。

もし、購入にお困りでしたら、JIM-NETに
問い合わせてみてください。

投稿: sairen | 2010年4月 1日 (木) 10時00分

 o(_ _)oペコッ 

レスありがとうございます。

本は 出版社さまのほうで 購入できることになりました。
 在庫があってよかったです。


投稿: ぷりん | 2010年4月 6日 (火) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/22834249

この記事へのトラックバック一覧です: 平和への祈りを行動に! -大倉紀代さんの思い:

» 【佐々木禎子】についてサーチエンジンで検索してみると [気になるキーワードでブログ検索!]
佐々木禎子 に関するブログのリンクを集めています!最新の検索結果をまとめて、口コミ情報をマッシュアップし… [続きを読む]

受信: 2008年8月 7日 (木) 15時44分

« 平和の誓い | トップページ | 社会派な中学生 »