« 9条世界会議ー環境と平和をつなぐ3 | トップページ | 暑い夏ーあの日はもっと熱かった »

2008年6月22日 (日)

9条世界会議ーイラク・アメリカ・日本

2日目の終了間際、ブースは展示とカードの無人販売だけにして、
「イラク、アメリカ、日本」ユースディスカッションの部屋へ。

パネリストは、イラクで拘束された高遠菜穂子さん、
元イラク軍兵士で米軍に拘束された経験もあるカーシム・トゥルキさん、
米軍イラク帰還兵で良心的兵役拒否をしたエイダン・デルガドさん、
右翼バンド時代にイラクに招待された経験を持つ作家の雨宮処凛さん。

なんという組み合わせ!!!
現在は、イラクのラマディ再建にすばらしい成果をあげているカーシムさんには、昨年の初来日のときにもお会いしていて、個人的に感慨深いものがありました。(過去の記事をご覧ください。)

エイダンさんは、あのアブグレイブ刑務所で通訳として働いていたようで、実際の戦闘の経験はないようです。
私達が見たあの写真の数々...イラク人への常軌を逸した米軍兵士の行為を撮ったもの...あれらはエイダンさんが公表したものだったのです。

会場で公開された写真は、想像を絶するものでした。
言葉にするのもためらいがあります。
(NEWS23では、ほぼそのまま放送していました。)
でも、それらの行為をしている兵士達は、
特に凶暴な性格とか異常者ではなく、普通の若者。
彼らの多くはは貧困から脱するために戦場に来た若者達。
教育の不在、死への恐怖、
そして、反アラブ、反イスラムのプロパガンダが
残虐性を正当化してしまうのです。

エイダンさんの勇気ある行動が無ければ、
私達が知る事はなかったか、
あるいは随分後になってからになったでしょう。

カーシムさんは、イラクのような状況でも、
「9条は通用する」と言いきっていました。

それは、彼が多くの肉親や友人を失いながらも、
報復から再建への道のりを築いてきたこと、
たくさんの報復へ向かおうとしていた人々を
再建復興に導くことができた体験からくる自信でした。

そして、大切な事は彼を支援して来たのは、
日本の高遠さんやNGOなのです。
日本政府は私達の税金をイラク政府への支援に充てていますが、
そのほとんどが有効に使われていないという事です。
高遠さんやJIM-NETは、モニタリングをし、地元スタッフを雇い、
ローコストで確実な支援を行っています。
そして、お金の行方は公開しています。
以前、JIM-NETの佐藤氏に伺ったのですが、
人件費はカタログハウスが出してくれているという事です。
だから、寄付金は全て、イラクの人たちのために使えるそうです。

私達は、私達のお金が何に使われているか、
その事に対して、もっと厳しくならないといけないと思います。
税金だけではありません。
預貯金だって他国の戦争資金になっているかもしれないし、
何を買うかで世の中にとって有害な企業を
大企業に育てているかもしれないのです。

消費の裏側で何が起きているのか、
もっと知る必要があると思います。

*マガジン9条の中の「雨宮処凛が行く!」にも、
このときの記事があります。
彼女の記事はどれもおもしろい!
http://www.magazine9.jp/karin/080521/080521.php

Kasimshionnahoko


|

« 9条世界会議ー環境と平和をつなぐ3 | トップページ | 暑い夏ーあの日はもっと熱かった »

イベント・ワークショップ」カテゴリの記事

イラク」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

コメント

先日近現代史講座で「蟹工船」の作者の小林多喜二が特高に捕まって虐殺された時の友人の江口渙の文章を読みました。
その拷問の凄まじさは人間のやることかと、何故こんなことが出来るのかと、身の毛がよだちました。
あの時代は国家全体がオウム真理教のようなカルト宗教に洗脳されていて警視庁の刑事たちにとって、多喜二は悪そのものに思い込まされたのでしょう。
今もイラクに送られる兵士たちは人を人とも思わなくなるように洗脳されてしまうのだと思います。
いつの時代も権力を持つ一部の者たちの利益のために本当のことは隠され市民は騙されてしまうのだと思いました。

投稿: ひさごん | 2008年6月24日 (火) 09時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/21814822

この記事へのトラックバック一覧です: 9条世界会議ーイラク・アメリカ・日本:

« 9条世界会議ー環境と平和をつなぐ3 | トップページ | 暑い夏ーあの日はもっと熱かった »