« 9条世界会議ー環境と平和をつなぐ2 | トップページ | ゆがんだ反撃 »

2008年5月31日 (土)

学ぶ あしたのために

朝日新聞、今日の1面のタイトルだ。
ボノとボブ・ゲルドフ両氏が一日編集委員として、
アフリカ特別紙面を届けてくれた。

カメラに向かって坂を駆け上がって来た少年。
背景に見える村はまるで被災地のように見える。

昨年まで、この村には小学校がなかった。
11月にできた初めての小学校は、
村人が資金と労力を出し合い運営されている。

2面には簡素な部屋の小さな灯りのもとで勉強する姉妹。
エイズ孤児の二人だけの暮らし。
薪集め、水汲みをして学校に行き、放課後は畑仕事、家事。
それでも彼女達は小さな灯りのもと、復習をしている。

「町の高校に進みたい。
 知識は自分を強くしてくれる。
 だから家でも毎日勉強する。」
 
アビアは14さい。娘と同い年だ。

未来をつくりだすのはこどもたち。
学びが明日への扉を開く事を彼らは知っている。

日本の子ども達は気づいているだろうか?

私達自身はどうだろうか?

アフリカ特別紙面http://www.asahi.com/international/africa/tokusetu/TKY200805300333.html

|

« 9条世界会議ー環境と平和をつなぐ2 | トップページ | ゆがんだ反撃 »

こども」カテゴリの記事

平和」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/21315919

この記事へのトラックバック一覧です: 学ぶ あしたのために:

« 9条世界会議ー環境と平和をつなぐ2 | トップページ | ゆがんだ反撃 »