« 岩国基地と上関原発 | トップページ | イラクの子ども達へ-バレンタイン »

2008年2月12日 (火)

岩国市長選と米軍再編

投票率76.26%、得票差1783票、その差は僅か2%です。
高投票率で圧倒的勝利とは言えない結果です。
この国が民主主義国家なら、井原氏に投票した45,299人の民意は反映されなければならないのではないでしょうか。
しかも井原氏が国に対し対話姿勢を取っていたにも関わらず、国は補助金凍結という卑怯なカードだけで対応してきたわけです。

地方が必要としている補助金をこんな事で決めていいのか、そもそも補助金の財源は税金なのにおかしいなぁって、思う私がおかしいの?

市長選でありながら米軍再編への意思表明でもあった今回の選挙、「本当に井原氏を支えなければならなかったのは私達ではなかったのか」という想いがしています。

福田氏に投票した人達の半分以上は移転に反対と言われています。
「国の言いなりになるつもりはない。」有言実行してほしい。
そして、受け入れに関してはもう一度住民投票をして、民意を確認してほしいと思います。

|

« 岩国基地と上関原発 | トップページ | イラクの子ども達へ-バレンタイン »

ニュース」カテゴリの記事

環境」カテゴリの記事

コメント

福田陣営はずいぶんネガティブキャンペーンをして井原さんになったら第二の夕張になるとか脅したようですね。
移転に反対なのに福田さんに投票した人は目先のお金を選んでしまった。本当に悔しいです。こんなにも、こんなにも、大事なことが2%で。沖縄の事件がもう少し早く起きていたら結果が違ったでしょうか・・・

投稿: ひさごん | 2008年2月12日 (火) 20時58分

ひさごんさん、コメントありがとうございます。
地元にとって苦渋の選択しか残されなかった国のやり方を、もっと私達が取上げるべきだったのかもしれません。沖縄の事件はあまり影響はなかったかもしれません。なにより、田舎の年寄りだけになってしまった地域は生活が大変なんだと思います。母の里も過疎の村、医療も老人向けサービスも遠く、なぜか道路だけがりっぱになっていく不思議さです。

投稿: sairen | 2008年2月13日 (水) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/10454111

この記事へのトラックバック一覧です: 岩国市長選と米軍再編:

« 岩国基地と上関原発 | トップページ | イラクの子ども達へ-バレンタイン »