« リスクをみつめよう! | トップページ | STOP 再処理工場でつながる »

2008年1月26日 (土)

六ヶ所ウィーク

先日お伝えした再処理工場反対署名に関わる活動のひとつとして、
23日に衆議院議員の小宮山洋子さんにお会いして来ました。
28日に議員会館で行われる院内集会と署名提出への出席をお願いするためです。
小宮山さんは、「次の内閣」子ども/男女共同参画/人権・消費者大臣ということで、原発関連は専門ではないので100%のお答えはできないけれどと言いつつも、「新たな原発はつくるべきではないし、再処理工場については国が責任を持って技術開発をして、安全性を確保する様に主張していくこと、原発に替わるエネルギーを確かなものにしていくことなど、複合的な対応が必要である。」と、お話ししてくださいました。
私は娘から放射能汚染について彼女が書いた「私の主張」という作文を預かっていたのですが、快く受け取ってくださり、先日「地球や未来の事、放射能汚染についてを真剣に考えておいでのことに感銘を受けました。---中略---また、意見をください。」とお返事をいただきました。
再処理工場の問題はまさに子どもや消費者の問題。
「次の内閣」に期待したいです。

そして今日26日は、重茂漁協の方との生産者交流会に言って来ました。
上映会と小宮山さん訪問の報告をするのが私の役割でした。
重茂は町全体で合成洗剤を追放してきた歴史があり、
漁場環境を守るための森作りも熱心に行って来た所です。
それなのに!再処理工場が稼働すれば、放射能に汚染された潮の流れは青森県沿岸から重茂のある三陸の海にやってきてしまいます。
ほとんどの漁協が反対運動に取り組まない中、唯一総会議決をして反対運動に取り組んでいます。
私は思いました。
生産者を守るのは国や市民の仕事ではないだろうか?
私達に安全な食を提供するためにがんばっている人達を応援することは、最終的には私達にかえってくるのだ。
これこそ「ほっとけない」です。
まぁそんなわけで、生活クラブをはじめとする596団体が団結してこの活動に取り組んでる訳です。
今日の集まりの最後はわかめと焼きうにの試食。
なかでも、この時期だけという生わかめはそのままでもしゃぶしゃぶにしても絶品でした。
焼きうにごはんも〜!
おいしくて、安全な物を食べ続けたかったら、
やはり、青森県知事に安全協定にサインさせないことです。
知事への意見メールを引き続き広めましょう!

明日は日比谷です!

|

« リスクをみつめよう! | トップページ | STOP 再処理工場でつながる »

イベント・ワークショップ」カテゴリの記事

原子力・放射能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/10087029

この記事へのトラックバック一覧です: 六ヶ所ウィーク:

» 動燃が隠したかったもんじゅナトリウム漏れ2時ビデオ公開!〜そしてある職員の死第2弾 [情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士(ヤメ蚊)]
「いずれにせよ、理事長が正直であることが第一であり、決して隠すことのない様に言われていましたが、私も同感であります。 しかし、今回のプレス発表という大事な局面で私の勘違いから理事長や役職員に多大な迷惑、むしろ『本当のウソ』といった体質論に発展させかねない事態を引き起こす恐れを生じさせてしまったことは理事長はじめ全社一丸となって信頼の回復に努めていこうとする出鼻をくじく結果となり、重くその責任を感じているところです」という遺書を残して自殺した西村成生さん(Nishimura Shigeo)の遺族が旧動... [続きを読む]

受信: 2008年1月27日 (日) 16時53分

« リスクをみつめよう! | トップページ | STOP 再処理工場でつながる »