« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月28日 (水)

「六ヶ所村ラプソディー」上映会

Rokkasyosdrawing2_2

20年くらい前、原発は必要か否かで、
タクシーの運転手さんと険悪になったことがあります。
エネルギー政策として必要だという運転手さん。
必要だからってそのリスクは無視できない私。
しかしその頃の私は、
原発の先にあるものについては、全く無知でした。
材料のウランを採掘するときから最終処分にいたるまでの間、
常にあらゆる生物に放射能汚染のリスクがつきまといます。
これらのリスクを人類は完全に管理出来得るのか、
得られるエネルギーと引き替えに出来る物とは思えません。
「六ヶ所村ラプソディー」は、
原子力発電で大量に出る放射性廃棄物をリサイクルする工場が造られた六ヶ所村にまつわるドキュメンタリー映画です。
鎌仲ひとみ監督がこの映画を作られたことは、私達にとって正しい選択をするチャンスだと思います。
まだ、ご覧になっていない方、再処理工場の存在をご存じない方、
ぜひ、見て欲しいと思って、今年大々的に署名活動を展開している生活クラブ生協の有志の方々と今回実行チームをつくりました。
「学ぶことは心に翼をもつこと」プロジェクトも加わってくれて、
とてもいい活動をしている学生団体の展示もあります。
もちろん、「発信する子どもたち」も参加します。
クリスマスイブ前夜の祝日、六ヶ所村から何が見えてくるでしょう。

12月23日(日) at 世田谷区民会館 集会室 
鎌仲ひとみ監督のお話し会: 10時開場 10時15分〜12時
上映会: 1時30分〜3時30分 
上映会参加費(お菓子付き): 事前申し込み¥500 当日¥600
小学生以下無料
事前申し込みはFAX<03-3481-5340・COS下北沢>で、
12/20まで受け付けています。
お名前、枚数、連絡先電話番号及びメールアドレスを明記してください。

| | コメント (0)

2007年11月27日 (火)

15さいの主張

娘が通う中学の文化祭で、来年はどんなことするのかなぁと思って、
3年生の展示スペースをのぞいてみました。

テーマは「平和」なのか、、、
子ども達一人一人が選んだ写真やイラストも目を惹きますが、
そこにプリントされたことばの数々は、
ひとつひとつがとても重く、軽やかで、なんだか新鮮でした。

4クラス約160人の作品を全て丁寧に見る時間がなくて、
と〜っても残念でした。
あ〜ぁ、もったいない。
1冊にまとめてくれないかな。。。

その中の知りあいの男の子の詩を許可を得て掲載します。

ねぇ  ママ、地球って丸いんだよ!

ねぇ  ママ、知ってた?

地球は丸くてねー

いっつも回ってんらって

マーくん、お空から聞いたのね。

ねぇ  ママ、知ってた?

地球は  みーんなで回してんの

歩いてるときのいきよいでまわってんらって。

だからみんなで仲良くしてないと

地球もお病気になっちゃうんらよ

Text by CHIHAYA

Message15_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

祝!ー122カ国が賛成

昨日、国連で
「劣化ウランを含む武器・砲弾の使用による影響に関する決議」が
採択されました。
日本は今回アメリカに追随することなく、賛成票を投じました。
アメリカ、イスラエルなど6カ国が反対。35カ国が棄権しました。
日本が棄権する事なく、
意思表示したことは大変前向きな一歩です。
これを機に真の国際貢献国家を目指してほしいものです。

私達市民も、
原子力エネルギーと劣化ウラン弾のつながりに理解を深め、
エネルギーの在り方を
今一度見つめ直す時期に来ていると思います。
私達の暮らしが環境や平和に与える影響についても
見直したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »