« パレスチナ、イラク関連のイベント | トップページ | イラクニュース from JIM-NET »

2007年10月10日 (水)

六ヶ所村ラプソディーin八ヶ岳

意外に知られていない六ヶ所村再処理施設の事。
放射能の恐ろしさを伝え続けている鎌仲ひとみ監督が
「六ヶ所村ラプソディー」を製作されたことの影響は大変大きいと思います。
Little Power でも上映会を考えているのですが、
集客と予算の確保に自信がなくて足踏み状態です。

こんな上映会ができたら〜と、うらやましい限りの上映会が
今度の金曜日にあります。
最近はツバルに行ったり、音楽活動に社会的発信がプラスされて、
増々すてきなUAさんが積極的参加の上映会。
彼女のミニコンサートもあり、鎌仲さんのトークももちろんあり。
高校生までは無料のようです。
詳細はhttp://www68.seesaa.net/article/57853126.html#more

たしかUAさんは八ヶ岳のあたりで暮らしておられるとか、、、
米作りもしたり、自然のなかでの子どもとの暮らしを楽しんでいる様子。
昔は超多忙だった夫が暇になったこの頃、
思い切って自然の豊かな場所へ!って、
ちらっと頭をよぎること度々。
されど肝心の娘は中学生で、しかも学校が大好き。
当分移動はできないので、思い切れる人にあこがれます。

もうひとつイベントのお知らせを。
「チェルノブイリの子どもたち」秋の救援活動報告会&ミニコンサート
10月14日(日)13:30〜15:45 at 北沢タウンホール スカイラウンジ
資料代¥500  主催チェルノブイリ子ども基金

コンサートはバンドゥーラ奏者のカーチャ・グジーさん。
彼女はバンドゥーラ奏者のナターシャ・グジーさんの妹さん。
二人ともチェルノブイリ原発事故の被爆者です。

私はナターシャさんは何度かお会いしていて、
演奏も歌声もすばらしくて、しかも美しい!
被爆なんて想像もつかない美しさです。
妹さんの演奏も期待できます。

それに最近はイラクやテロで、チェルノブイリを忘れがちです。
いまだに危険な状況は続いているし、
六ヶ所村やまだこれから作ろうとしている原発のことを考えるとき、
私達はチェルノブイリで起きた事を教訓にしなければと思います。

|

« パレスチナ、イラク関連のイベント | トップページ | イラクニュース from JIM-NET »

イベント・ワークショップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/466515/8326744

この記事へのトラックバック一覧です: 六ヶ所村ラプソディーin八ヶ岳:

« パレスチナ、イラク関連のイベント | トップページ | イラクニュース from JIM-NET »